本文へスキップ

市民に寄り添う優しい立川市を つくる。新時代立川!の会

酒井大史が市民に誓う F D Bpromise

市民に寄り添う優しい立川市を

現在の立川市政は残念ながら、「市民の声も職員のやる気も」活かされているとは言えない状況です。議会における提案に対しても、答弁は「他市の状況を見て」のワンパターン、私は後手後手の立川市政を大転換し、他市に真似される「先進都市たちかわ」をつくる決意を固めました。
 そのためには、経営資源を適正かつ効果的に配分する真の行財政改革(いわば市役所の丸洗い)の断行が必要です。
 そして、人口減少社会を迎える中で、今後の立川市のまちづくりは、交流人口による活力を期待することも大切ですが、まずは、今、立川で暮らす市民と、次世代を担う子どもたちに目を向け、これらの方々が安心して生活できるまちづくりを進めていくことが肝要です。
 そのための施策を積極的に展開することで、子育て世代が住みたいまち、ふるさとにしたいまち、全国に誇れるまち「立川」の創出につなげてまいります。

Bつの最重点施策  MOST  IMPORTANT

活動報告写真
1.保育園待機児解消に向けて送迎ステーションを設置

2.幼保無償化に伴う独自支援
  給食費無償化と認可外保育園等施設利用料の上乗せ支援を行います

3.乳幼児・小中学生・妊産婦へのインフルエンザ予防接種支援

Dつの重点施策    MORE  IMPORTANT

1.小学校給食単独調理校の継続と中学校給食共同調理場の早期建設

2.不妊治療費補助(東京都補助への上乗せ補助)

3.国民健康保険料の改定凍結

4.アール・ブリュットたちかわへの積極支援

5.若者会議の設置

Fつの主要施策   IMPORTANT WORKS

1.中高年のひきこもり対策実施

2.犯罪被害者等基本条例の制定

3.タウンミーティングの拡充とSNS活用による開かれた市政の実現

4.公契約条例の制定

5.農業 新規就農・参入制度の導入

6.JR立川駅南口周辺のコミュニティ道路の実現

7.JR南武線 羽田空港へのダイレクトアクセスに向けた関係機関への働きかけ

つくる。新時代立川!の会

〒190-0012
東京都立川市曙町2-34-6-803 酒井大史事務所内

TEL 042-528-6522